NO IMAGE

マグネシウムとむずむず脚症候群との関連

Ana Gotterが医学的に書いたAlan Carter、PharmDによる 2017/03/02のレビュー 【概要マグネシウムとRLSマグネシウムの副作用形態と用量潜在的なリスク】 ...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群覚書

【参考 A11神経核】 延髄から中脳にかけて、多くの『脳内ホルモン』と呼ばれる神経伝達物質を作り出す神経集団があり、これらの『脳内ホルモン』は無髄神経系で脳や背髄に運ばれている。 『脳内ホルモン』...

記事を読む

NO IMAGE

自律神経が乱れると 脳内ホルモンのバランスが崩れる

『自律神経』が乱れる原因 【心因】 ①外的な要因によるストレス ・人間関係のトラブル ・仕事の過剰な労働 ②内的要因によるストレス ・ネガティブな考え方 ・あまりにも優しすぎる性...

記事を読む

NO IMAGE

薬に頼らず、ドーパミンを増やす方法

【とにかく歩く】 歩くと、足の筋肉(とくにバランスに関係する遅筋)の動きが脳を刺激し、 神経細胞の働きが活発になります。 最近の研究では、歩くことで体内のカルシウム代謝がよくなり、脳にカルシウム...

記事を読む

NO IMAGE

中脳に十分に鉄分が届かないのが原因

欧米では10~15%の人がむずむず足症候群といわれます。 中高年に多いとはいえ発症は年齢に関係なく、10~20歳台で症状が出始めても自覚せず、その後、中高年になって症状が強く出るようになり、睡眠障害...

記事を読む