NO IMAGE

むずむず脚症候群で日常生活に支障、神経内科へ

インターネットのない時代、何の情報もなかったら、むずむず脚症候群の症状で大抵の人は、皮膚科や整形外科に行くのではないでしょうか。 皮膚科に言っても塗り薬の処方、整形外科に行ってもレントゲンを撮って湿...

記事を読む

NO IMAGE

現在、むずむず脚症候群の保険適用になる薬

むずむず脚症候群に保険適用されている薬は、現在3種類のみです。 ドパミンアゴニスト薬剤である、ビ・シフロール、ニュープロパッチ。(同じ原理の薬) ドパミンを介さない薬剤、レグナイト。 ...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群の診断から薬の処方までの流れ

①なるべく近所の神経内科(睡眠専門医ならなお良し)をインターネット検索。 (大体毎月処方箋を書いてもらうために通院することになるので近いほうが良い) ②受付ではっきりと「むずむず脚症候群の症状...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群の特効薬ドパミンアゴニスト薬剤の問題点

効き目的には、ビ・シフロールの方がレグナイトより効果がダイレクトで強いが、 ビ・シフロールは、薬を飲むのをやめたあと比較的早い時期にリバウンド効果が見られ、服薬前より症状が悪化することがあるとのこと...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群、まさかの改善

当初、ビ・シフロール1錠で、むずむず脚症候群の症状が完全に抑えきれていた私ですが、2年目から2錠に増量せざるを得ない状況になり、それから半年後には、2錠でも症状が抑えきれない日が・・・。 3錠に増量...

記事を読む

NO IMAGE

何故にんにく卵黄がむずむず脚症候群に効果があるのか調べてみた

『ニンニク』に含まれる『亜鉛』と『アリチアミン』(ニンニクに含まれるアリシンと、ニンニク自体に含まれるビタミンB1が結びついてアリチアミンという物質になる)これらの成分のなんらかが、むずむず脚症候群の改善に関係していると思われます。

記事を読む

NO IMAGE

ニュープロパッチがむずむず脚症候群の保険適用薬に

むずむず脚症候群の保険適用される3番目の治療薬、世界唯一の経皮吸収型ドパミンアゴニスト製剤 『ニュープロパッチ』が、パーキンソン病とレストレスレッグス症候群の適応症で日本での製造販売承認を取得しました...

記事を読む