関連ニュース一覧

NO IMAGE

ニュープロパッチがむずむず脚症候群の保険適用薬に

むずむず脚症候群の保険適用される3番目の治療薬、世界唯一の経皮吸収型ドパミンアゴニスト製剤 『ニュープロパッチ』が、パーキンソン病とレストレスレッグス症候群の適応症で日本での製造販売承認を取得しました...

記事を読む

NO IMAGE

レグナイトがむずむず脚症候群の保険適用薬に

むずむず脚症候群の保険適用される治療薬に、新たに『レグナイト錠300mg』が加わる。 一般名はガバペンチンエナカビル、ガバペンチンといえば、ガバペン錠で、てんかん治療薬としてはマイルドな薬剤で副作用...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群の患者は、脳卒中や心疾患のリスクが2倍

むずむず脚症候群の 患者は、そうでない人に比べて 脳卒中や心疾患のリスクが2倍であることが、ハーバード大学などによる研究で明らかになった。 (医学誌「Neurology」に掲載された) むずむず脚...

記事を読む

NO IMAGE

サプリメント摂取量の基準

むずむず足症候群や足がつりやすい人に栄養療法としてすすめられているのは、1日の摂取量として、Bコンプレックス400mg、マグネシウム1, 000mg、ビタミンE(天 然)400IU です。カルシウム、...

記事を読む

NO IMAGE

アルコールはドーパミンを増やすが・・・

生活のなかには、脳が元気になるのをさまたげる要因もあります。その代表ともいえるのが、アルコール、タバコ、ストレスの3つです。 アルコールを飲むと、なんとなくいい気持ちになります。それはアルコールの成...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群と便秘の関係

自律神経の乱れから副交感神経が過緊張になり、腸の動きがおかしくなって しまい、便秘になるようです。 便秘になってしまうと腸内のサイクルが乱れてしまい、悪玉菌が急激に増え てしまいます。 すると、悪...

記事を読む

NO IMAGE

むずむず脚症候群でのストレスで・・・

「ストレスに晒されている人は老けるのが早い」とは良く言われることですが、米デューク大学医療センターの研究者が、実際にそれを裏付ける仕組みを解明したそうです。 アドレナリンは神経伝達物質で、ストレス反...

記事を読む