自律神経が乱れると 脳内ホルモンのバランスが崩れる

『自律神経』が乱れる原因

【心因】

①外的な要因によるストレス
・人間関係のトラブル
・仕事の過剰な労働
②内的要因によるストレス
・ネガティブな考え方
・あまりにも優しすぎる性格
・周りに気を使いすぎる性格
・物事を気にしすぎる性格
・生真面目
・完ぺき主義

【物理的な要因】

③食事とライフスタイルの悪さ
・偏った食事=栄養欠損
・過度の喫煙
・過度のアルコール
・過度の糖分の取りすぎ=低血糖症
・睡眠リズムの悪さ
⑤体質
・自律神経が乱れやすい
・ホルモンバランスを崩しやすい
・虚弱
・他の病気の影響による不調など

これら全てが、脳内物質やホルモンバランスを乱し、脳細胞を萎縮させ、
『ドーパミン』減少の原因になり、むずむず脚症候群に悪影響を及ぼします。