むずむず脚症候群と便秘の関係

自律神経の乱れから副交感神経が過緊張になり、腸の動きがおかしくなって しまい、便秘になるようです。
便秘になってしまうと腸内のサイクルが乱れてしまい、悪玉菌が急激に増え てしまいます。
すると、悪玉菌というのは、腸内で活性酸素を 発生させてしまうのです。
悪玉菌が増えてしまえばしまうほど、活性酸素が発生してしまいます。
最近の研究でドパミン神経障害の活性酸素説と いうのがあり、脳内でドーパミンの分泌が減少する原因も脳内にドーパミンをとどめておくことが出来ない原因も、活性酸素が関与しての神経細胞の変性にある のではないかというものです。

便秘がむずむず脚症候群の症状を悪化させる可能性

自律神経の乱れ

副交感神経の過緊張

便秘

腸内のサイクルが乱れ、ますます自律神経が乱れる(この時点で負のスパイラル発生)

悪玉菌が急激に増殖

活性酸素が大量発生

ドパミン神経障害

むずむず脚症候群

自律神経の乱れはとにかく恐ろしい・・・。
すぐ眠れる人がうらやましい・・・。