民間療法で治す

民間療法といえば東洋医学
東洋医学といえばツボ
手っ取り早くはじめられるということで、むずむず脚症候群の症状がでそうになるたびに、ツボを押すことにしました。
(実際に効果が感じられたツボベスト

天柱(てんちゅう)……首の中央の太い筋肉の両側で、髪の生え際
風池(ふうち)……天柱から指1本分、外側
神庭(しんてい)…鼻の真ん中を通る線上で頭髪の生え際から約0.8ミリ入ったところ
曲池(きょくち)……腕を直角に曲げた時、ひじの内側にできるしわの先端
労宮(ろうきゅう)……手のひらのほぼ中央
足の三里(さんり)……ひざから指4本分下で、骨の外側のくぼみ
太谿(たいけい)……内くるぶしとアキレス腱の中間

上から順に10秒づつ軽く指圧します。
確実に効果は感じられました!  (今でもやっています)
と喜んでいたのも数ヶ月、ツボも効かない日が増え、症状が着実に悪化している感じです。
もともと弱い自律神経の改善はこれ以上望めないと考え、ここで方針を変え、
むずむず脚症候群
自体の改善に向けて行動することにしました。

まずは、みんながよく言う一般療法からです。
日常生活において誘発因子となるカフェイン、アルコール、喫煙を避ける
軽い運動、脚のマッサージ、ぬるめのお風呂、脚への冷たいシャワーなど、いろいろありますが、やってみたもののどれも症状が劇的に改善したとは思えませんでした。
(自分の場合、缶コーヒーはOKなのに、ドリップコーヒーを飲むと悪化することは判明しまいた)
〜この頃気付いた必殺ワザ〜
足に湿布です!
些細な刺激をA11神経細胞が 間違って脳へ送り過敏状態になってしま うなら、もっと凄い刺激を脚に与え続けたら、さすがにA11神経細胞も間 違いに気付きスルーするんじゃないかと思ったからです。


これで少しはごまかすことができます。
だが、湿布を貼りまくっていたら経済的によくないですし、より強い刺激を求めだしたりと、なんだかむずむず脚症候群睡眠薬に 頼ると悪化する!と似ているよう な気になり止めました。


<続き>